スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月 スペシャルワーク 参加者のふりかえり

今日は、「からだゆらし」に参加させて頂き、ありがとうございました。

「からだゆらし」って、どんなことをするのだろうと思いながら参加しました。
初めは緊張していましたが、時間が過ぎる中で、体がほぐれ、リラックスしていくのがわかりました。
また、それと同時に、気持ちも晴れやかになり、終わる頃には、自然と笑顔でいることができていました。

「『からだゆらし』って何」?と聞かれると、体験していたのに、コレ、とはっきり答えることができません。
でも、もし興味がある方がいたら、是非、お勧めして、一緒に参加したいと思います。

今日は、ありがとうございました。

(K.I.)

カラッとよく晴れた中、今日はからだをよくゆらしていただきました。
よくゆれました!
相手の方の優しさ、繊細さが伝わってきました。

本読み、またまた不思議なお話。
いつもながら、なぜこれをやっているのか謎のまま、物語の世界に遊びました。
子供のころの世界から、思えば遠くへ来たもんだ・・・。

(N.K.)
スポンサーサイト

2月 東京スペシャルワーク 参加者のふりかえり

前日の雪は、思いもかけないほどの吹雪となり、交通機関も麻痺状態だったので、
これはキャンセルになるものと思っていたら、YURaRAさんは見事に東京に来てくださり、
会は予定通り始まりました。武蔵境まではなんとかバスで行けたものの、駅の北側はバスが来なくて、
20分ほど積もった雪道 を歩いて会場に向かいました。

ペアのからだゆらしはいつものように心地よくて、からだゆらしそのものにも少しずつ慣れてきた気がしました。



今日は特別に、大怪我をなさった方への祈りの時間がありました。

まず、自分と相手の「気」を感じました。体の外側に広がる、生きているエネルギーのようなもの。
それが自分のからだを取り囲んでいます。
そこから、「ああなりたい、こうなりたい」「あれがほしい、これがほしい」「あいつが憎い」などの「我」をとって、足元の穴に捨てましょう。どんどん捨てましょう。そして重いブロックを上に乗せて蓋をしましょう。

そうして、自分の「気」をきれいにします。

そして「一者」を思い浮かべます。神様、仏様 、ハイヤーセルフ、なんでもいいのです。
そう言われたら、とても優しそうな、観音様みたいにきれいな女神様が現れました。
薄いピンクと薄紫色のきものをまとって、きらきらとした金粉を撒き散らしていました。
その神様ときれいになった自分の「気」で、自分を充たし、部屋を充たし、世界を充たしました。

今、病院で苦しんでおられる方に向けて、全員で心の底から祈りました。

このように教えていただいて、今までの自分の祈り方では充分ではなかったことがわかりました。
「我」をはずす。そのことはとても重要なプロセスだと思います。
無意識にはそうしていたかもしれませんが、「我」=egoをはずして、自分の中のもっともピュアな部分に入って祈る。それは私にとって目からウ ロコの体験でした。

ちょうど今、南青山で個展を開催中です。
そのテーマは"Girls & Prayers"―あなたの祈りが届きますように―なのです。

みなさんの祈りが苦しんでおられる方に届きますように。
Hさんの弟さんが少しずつでも快方に向かわれますように。



そこにいるすべての人の最善を祈りました。ありがたいことです。

そして、祈りつながりで、いつかロンドンのウェルカムコレクションというところでた、
メキシコの風習を思い出しています。
子供が病気になった、行方不明になった、雷に打たれた・・・素朴な心を持った人々は、
一心に神に祈り、聖人に祈り、その祈りが聞き入れられたとき、教会へ行ってその一部始終を語ります。
すると、その物語を絵に描く人がいて、それをプレートに描いてもらい、教会に寄進します。

その、絵馬のようなものを一堂に集め た展覧会は素朴で、力強く、私の心に強く残りました。
http://geocities.yahoo.co.jp/gl/noriko_mayfair/view/20111118

祈りについて、今日は得がたいことを教えていただきました。とてもシンプルな方法でした。

いつも、からだゆらしでは大切なことを教えていただいています。感謝。



(N.K.)

12月 東京スペシャルワーク 参加者ふりかえり


きょう二回目の「体揺らし」に参加してきました。
このところ、腰を痛めたりして
それを庇ってまた肩が痛くなったり
珍しくちょっと不調でしたが、

揺らされて ( って、変な表現ですが )、身体全体の緊張がうっすらほどけてゆく感じ、やわらかく心にも染みます。


声楽の方のご指導のもと
聖なるクリスマスソングを皆で歌って、
また別の汗をかきました。


いただいた奈良のお土産。
生駒で大人気のお菓子ときいて、

「生駒といえば我が息子が。。」と、
その偶然にびっくりしました。

穏やかでいい日曜日でした。

Y.S.

************

「揺さぶられたら戻る・・・  戻るべきところへと・・・ あなたの中心に存在している愛に満ちた揺るぎない不動のその場所へ」 

硬くなった心と身体を揺すって元のところへ戻す。からだゆらしってそういうことなのかしら。

来年は更に良い年にします!

N.K.



11月 東京スペシャルワーク 参加者ふりかえり

FB友のKさんに教えていただいた 「からだゆらしの会」@武蔵境 に参加してきました。


武蔵境といえば、子供達全員が通った明星学園のある吉祥寺よりももう少し奥で、

枯葉舞う五日市街道を懐かしい思いでひた走り

やっと会場に着きました。


「からだゆらし」って、何が何だかわからなかったけれど、


知らないうちにがんじがらめになっていた、

思いもしない身体の緊張を初めて感じたり、


相棒になった方に揺らされたそのあとは、

体が 搗き立てのおもちみたいに

床にぺたりと吸い付くのがわかったり、


とりあえず、不思議に「楽」に。


また機会があったら、参加しようっと!と、

心に決めた日曜日でした。

(Y.S.)

*********************************


からだゆらしの会、3回目。


今日教えてもらったこと。

誰にでもいい顔しなくていい。


何かをちゃんとやろうとするとき、息を止めてるのではないか。

力を出そうとするときほど息を吐くのがよい。

地震、台風、竜巻、原発…何が起きるかわからない今日この頃。動物的勘を働かせて生き延びていくしかない。

自分が楽しいなーと思いながら、生きていけたらいい。周りも楽しくなる。

誰かに声をかけるとき、本当にその人に伝わっているだろうか?


今までやったことのないことを、いろいろとさせてもらってます。

自分の身体が今何をどういうふうに感じているかということを、言葉にしてみる。

これって難しい…。

(N.K.)

テーマ : 心と身体
ジャンル : 心と身体

1月19日<スペシャルクラス東京 一日ワーク>参加者ふりかえり

1/19 ワークのふりかえり


あまりに思いがけないことが起きた、今日のワーク。

まだ自分の頭の中で、整理がついていません・・・。


・・・ハッ、どう書こうか悩んで、また熟考しそうになってしまった。

いかんいかん。


2013年は、熟考せず、失敗してもいいからすぐに動くこと!

溜めて溜めて溜め込みすぎて、頭デッカチになって動けなくなっていた自分を

「変わる」ことから変えようとしていたけれど、

それではうまくいかないってことは、2012年で実証された。

なにも始めてもいないのに、変えるべきものなんて何も見つからなかった。


失敗するから修正ができる、修正すれば、もっとよくなる。

はじめからカンペキじゃなくていい、中途半端でも前に進んでかまわない。こわくない。


動きがよどんでしまいそうなときには、

すぐやる→失敗→変える→すぐやる の法則を何度でも思い出そうと思います。


大事に大事に溜め込んできたものを捨てて、つぎのステージへ向かうこと。

やりたいことが見つかったなら、「私は、それをやりたい」と表明すること。


むずかしい。

むずかしいって言っちゃいけないのもわかってて、でもホントにホントにむずかしい。

でも、それをしなければ、私は同じところをうろうろするだけなんだ、ということはよくわかった。

じゃあ、どうする自分?!いったいどうすれば?!!


・・・まだ熟考グセは抜けませんが、今年は失敗もするぞ!そして、変わるぞ!(R)

テーマ : 気付き・・・そして学び
ジャンル : 心と身体

プロフィール

Author:ゆらし仲間
月に一度、西東京市で「からだゆらし」のお手伝いをしています。

興味のある方は是非、お越し下さいね!

一緒にゆるんでリラックスしましょう。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。