スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月29日<元気&きれいになるワーク+沖縄薬膳料理>のふりかえり

8月29日(日)

琉球でのワークが始まって一周年、記念すべきワークに参加できて本当によかった。

私にとっても忘れえぬ体験があった。


まずは気を練ることからスタート。足元7メートル下まで自我を降ろし、ネガティブな思いにふたをする。

そこから一者のイメージを引き上げる。生きとし生けるものの最善を願う。


ペアと背中合わせでおへその後ろ辺りからぺったんこ。背中があったかで今までの他のペアと感じたような違和感がなく、心地よい一体感、リラックス感。ペアと繋がる。


ペアの背中の骨を首筋から腰まで確認。気になる部分を親指で加圧。エネルギーが流れ込む。


yuraraさんの「一旦繋がると遠くにいても近い」とのコメントから、1対1ではなくて、複数の人と同時に繋がれるのかなという疑問が頭をもたげた。


私:「一度に複数のひとと繋がることはできるのですか?」

yuraraさん:「やってみましょう!」


自我を足下7メートルに閉じ込めて蓋をする。

一者のイメージを引き上げる。

噴水のように気を吹き上げる。

気の球体を広げる。

順に顔を思い浮かべる。

一人ひとりと繋がっていく。

一人、二人、三人、順にいくが、こちらの一人と繋がると、別の一人のつながりの意識が薄れる。

心のなかで、「あー、私には無理、なんでこんな難しいことに挑戦してしまったのだろう・・」

無理っていう言葉や思いが身体にどのように作用するかのワークを何度も経験しているのに、そんな思いがよぎる。

「そんな雑念は押し込めて、集中、集中、眉間にしわを寄せない、笑顔で、意識を高める」

何度かやってみて一人ひとり順番に繋がることは難しいから、一度にいっぺんに繋がってみようと再度意識を高めていく。

集中。雑念。集中。雑念。

何度か集中が切れかかったとき、ふっと、みんなから、赤い糸のようなものがでてきて、こちらに向かって、私に向かって繋がってきてくれた。

一人では無理だった、助けてもらった、繋がってきてもらった、と感じた瞬間、涙があふれた。

ありがとう。繋がった。


みんながあって私があった。

一体だった。


こうしよう、こうしたい、という気持ちを抑えて、ただあることで、他者と繋がる。


なにかをやろうという私(自我)がここにいる。

なにもやろうと思わずただここにある。


自分でいること。

自分であること。


他者と繋がって、生かされている。


私とあなた:他者は他者ではない。


複数の人と同時に繋がれるのかなんて愚問だった。

もともと繋がっているということに気がつかなかっただけ。


今回のワークでの体験は今までの体験以上に言葉にすることが難しい。

ただ、体験として、大事に大事にしていきたい。

いつもいつもありがとう。(^o^) 

Y

コメントの投稿

Secre

プロフィール

ゆらし仲間

Author:ゆらし仲間
月に一度、西東京市で「からだゆらし」のお手伝いをしています。

興味のある方は是非、お越し下さいね!

一緒にゆるんでリラックスしましょう。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。