スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月スペシャルワーク 参加者ふりかえり

久しぶりにゆらしに参加させていただきました。
今までは、ゆらす時も、ゆらされ る時も、とても緊張していて、相手の方にその緊張が伝わってしまうのではないかという心配が緊張に拍車をかけていました。
でも、長年ゆらしに参加されている方から「そんな心配は無用」と励まされ、今回は「リラックス」を心がけてのぞみました。
おへそと地面がつながる境地に達 することはできませんでしたが、 今まで参加した中で一番リラック スできたような気がします。
自分のためだけの特別な時間でした。
あれから1週間経ちましたが、リラックスした状態を身体が覚えているのか、 普段の生活の中で無意識に息をつめ、身体に力を入れていることに気付く回数が増えた気がします。
どうもありがとうございました。(Y.O.)

******************

からだの状態は夏頃に比べて大分いいと感じました。
たっぷりゆらされて、心もからだもゆったり。

からだゆらしの仲間は、ほとんどこの場でしか出会わない、ほとんどバックグラウンドを知らない人達であるにも関わらず、誰が何にどう反応しても、動じないで受け止めてくれる、という安心感があります。
これが、大きいと思うのです。安心してからだを預けることができるということです。
もちろん、YURaRAさんの見守りという大きな器があるからということもありますが、ひとりひとりの力にありがとうと言いたいです。(N.K.)

9月 スペシャルワーク 参加者のふりかえり

今日は、「からだゆらし」に参加させて頂き、ありがとうございました。

「からだゆらし」って、どんなことをするのだろうと思いながら参加しました。
初めは緊張していましたが、時間が過ぎる中で、体がほぐれ、リラックスしていくのがわかりました。
また、それと同時に、気持ちも晴れやかになり、終わる頃には、自然と笑顔でいることができていました。

「『からだゆらし』って何」?と聞かれると、体験していたのに、コレ、とはっきり答えることができません。
でも、もし興味がある方がいたら、是非、お勧めして、一緒に参加したいと思います。

今日は、ありがとうございました。

(K.I.)

カラッとよく晴れた中、今日はからだをよくゆらしていただきました。
よくゆれました!
相手の方の優しさ、繊細さが伝わってきました。

本読み、またまた不思議なお話。
いつもながら、なぜこれをやっているのか謎のまま、物語の世界に遊びました。
子供のころの世界から、思えば遠くへ来たもんだ・・・。

(N.K.)

9月 スペシャルワーク 参加者のふりかえり

もともと暑さに弱いのですが、実家で寝たきりの父と、父のことで頭がいっぱいの母を助けるため、
実家に通いつつ、自分の家族のこと、仕事のこと、あれこれ。
またしても、知らないうちに肩に力が入り、前のめりで歩いていました。
久しぶりのからだゆらし。昨日はちょっとゆるみきれていなかったかな。まだ力が入っていたかな。
忙しいときほど、時間を作ってゆらされたらいいと思いました。
息を吸ってー、止めて、吐いてー、の声も、耳からだけでなく、体全体で聞いている感じです。
眉間のあたりがびりびりして 、深い青緑色が見えました。

最後に物語を音読しました。
ずっと忘れていた、子供の頃にたくさん読んだ、世界のおとぎばなしの世界。魔法の世界。
読み始めたら、思いのほか強い力で、ぐっとあの世界に引き戻されてびっくりしました。

翌日は少し気だるい感じでした。
でも、頭は冴えていて、新しい月、9月をどんなふうに過ごそうか、しなければならないこと、したいことなどを整理してみました。

(N.K.)

5月 スペシャルワーク 参加者ふりかえり

ニヶ月ぶりの『からだゆらし』の参加だった。
久しぶりにからだをゆすってもらって、
肩や腰の痛みが取れ、頭の重さがなくなって、
からだも心も喜んだ(*^_^*)

ゆらしの後のワークでは、
yuraraさんのすすめる通りに、手を動かしていく・・・。

「何をさせられるのか?」
「何が起こるのか?」
「これでいいのか?」
「???」
ドキドキ・・・

『からだゆらし』の場では、
「できる・できない」という評価は一切ないので、
自分を信じて、ひたすら手を動かす。
そして、yuraraさんの合図で、手を止めた。

不思議な世界が展開されたのは、その後のことだった。

自分では、思いもつかない異次元の世界が目の前にあらわれたのである。
その世界の中をゆっくりと歩きはじめると、
恐怖と不安がおそいかかってきた!
私は這って、やっとの思いでその空間を出た・・・。

後で振り返って自分の歩いた場所を見ると、
別のなかまが歩いている。
だが、それは、私のいる世界とは別の次元の世界であった・・・。

ほんの数分間の出来事だった。

次元の違う、深い世界の中に「自分」はいた。

ワークが終わったあと、魂が充実感で満ち溢れていた。

4月 東京スペシャルワーク ふりかえり

数日前から、振り返ると背中が痛くて、車庫入れにも苦労する状況でした。
ゆらしていただく前は、肩甲骨回りが腫れている感じで、まるで、アメフトの防具を身に付けられているようでした。
ゆらゆらしている間に、腫れた感じは引いていき、体全体がふんわりしたようでした。
ありがとうございました。

(M.S)
プロフィール

Author:ゆらし仲間
月に一度、西東京市で「からだゆらし」のお手伝いをしています。

興味のある方は是非、お越し下さいね!

一緒にゆるんでリラックスしましょう。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。